英会話コラム

女性が海外で英会話をするなら基本をちゃんと学ぶべき3つの理由

日本の生活から思い切って、海外に出て、英語を勉強してみようと決心した方へ。留学経験者から、英会話に取り組むなら基本をちゃんと学ぶべき3つの理由をお伝えします。

まずはともあれ、基本的な単語を知ろう。

海外で暮らしていると、自然に英語が身に着くのではないかと考えている方もいるかもしれませんが、そんなことはほとんどありません。現在、英会話ができる方はそれ相応の努力をしてきた方なのです。

その努力の第一歩として、基本的な身の回りにあるものや単純な動きなどの単語を覚えておきましょう。私たちは、見た目からしてネイティブである可能性が低いと、海外の方は判断してくれるので、単語だけでも口に出せば、後はボディーランゲージで通じることも多いです。

中学英語の文法で会話は成り立つ!

単語だけでも意外と意思が通じるのですが、やはり海外に来たからにはそこからステップアップして、英会話を楽しみたいものです。そんな方には、まず中学校の英文法を復習することをおすすめします。

高校の英文法まで行かずとも、日常会話であれば、ほとんどの場合が中学英語の文法で、伝えることができます。中学英語であれば、ご自身の記憶に残っていることも多く、すべて復習するのにもそれほど多くの時間を割きません。

色々な英会話教材があり、迷ってしまうことも多いですが、まずはしっかり基本を押さえるために、復習してみてはいかがでしょうか。英語の文章を自分の中で組み立てることができるようになり、自分の伝えたいことが伝わったときや、英会話が弾んだ時の喜びをぜひ体験してみてください。

英語を口に出す練習を!

最後に、特に日本人に抵抗を感じる方が多い、英語を口に出すという一見基本的過ぎて見落とされがちな練習をおすすめします。なぜなら、単語も知っているし、頭の中では英語の文章も組み立てられるのに、いざ会話になると、自分から話すことができない、という方が多いからです。

伝わらなかったらどうしよう、発音はこれであっているかな、などの不安に駆られる方もいるかもしれませんが、日ごろからネイティブの真似をして話す練習をしていると、自然と言葉が出てくるようになります。

英語は言語ですので、まずは何かを言葉にしないと意思の疎通ははじまりません。ネイティブでない人が少々間違えているからと言って非難してくる人もほとんどいないので、勇気を出して言葉にしてみましょう。

やっぱり基本が大事

海外で英語を勉強しようと思っている方は、まず単語を知り、中学英語の文法を覚え、英語を言葉に出す練習という基本を行ってから海外に出ると、英会話で情報のやり取りができ現地で役立つことは間違いありません。

関連記事

  1. 【意味が分からなくてもOK】英語を読むためのオススメ勉強法

  2. 【緊張しない】アメリカのスーパーで必要な英会話はこれだけ!

  3. 【切実】海外旅行の英会話はリスニングから学ぶべき3つの理由

  4. 【意外!】海外赴任中の妻が英会話で困ったワケとは?

  5. 【そうだったんだ!】英語脳と日本語脳の決定的な違い

  6. 【知らなかった】アメリカでその和製英語は通じないです!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP

英会話コラム

【緊張しない】アメリカのスーパーで必要な英会話はこれだけ!

英会話コラム

【失敗しない】英語で自己紹介はこれだけ覚えたい5つ!

英会話コラム

【知らなかった】アメリカでその和製英語は通じないです!

英会話コラム

【どうしよう】海外赴任妻が英語を話せない!スーパーでどうなった?

英会話コラム

【海外旅行 】入国審査で役に立つ英会話と簡単なテクニック