英会話コラム

【知ってた?】英会話学校では教えない英語を聞き返すフレーズ

英語を聞き取る耳に自信がないほど「聞き返す」ということが必要です。けれど、不思議とそういう事を英会話学校では教えてくれません。まずはこの「聞き返すフレーズ」と「聞き返すタイミング」覚えてしまいましょう。

え?を英語で言ってみる

同じ日本語で会話していても、時に相手の話を「え?」とか「もう一度お願いします。」と聞き返していますね。英語だから聞き返す、というわけでもないのです。日本語でも英語でも、この「聞き返す技術』はコミュニケーションをとるためには必要なことです。耳に自信がないからこそ「聞き返す技術」が必要です。技術というよりワザですから、丸暗記してでも覚えておきましょう。

私も例外ではなくて、このフレーズを覚えて真似をしています。聞き返すフレーズには色々とありますが、聞き返しの中身を見てみると単純ではありません。以下のそれぞれ違う3つの状況があると仮定します。

  1. 音声的に聞き取れなかった場合
  2. 単語の意味が分からない場合
  3. 文脈として分からなかった場合

この状況の違いに応じた聞き返しはフレーズとしてしっかり身に着けおきましょう。武器として持っているとかなりプラスになります。それでは、どんな時にどんな使い方をするのか順番にみていきましょう。

音声的に聞き取れなかった場合

単純に聞こえなかったので、「Pardon me.(もう一度お願いします)」と言って聞き返します。

すると相手が同じことを繰り返し話します。それでも聞き取れなかったらもう一度「pardon me.」と繰り返します。
言い換える必要は全くありません。

単語の意味が分からない場合

「What dose〈その単語〉 mean?」これだけでいいです。

もしも単語だけがピンポイントで分からないのであれば、その時は「その単語は何というの?」と聞いてみるのがいいですね。

そもそも内容が理解できない場合

文脈として分からなかった場合には、まず「Pardon me.」と言って、念のためもう一度聞いておきましょう。

それでも分からなかった時は、
「Sorry,I still don’t understand you.」と言います。「understand」 が入ることによって、「分かっていない」ということが相手に伝わればいいのです。「Can you paraphrase that? (言い直しをお願いできますか?)」と聞き直すのも手です。

「あんまり何度も聞き返したら申し訳ないんじゃないの?」と心配しなくても大丈夫です。あなたがびっくりするほど、多くのネイティブスピーカーは、相手に分かるように言葉を変えて言い直してくれます。そんなこと言ったら不快にさせるのではないか?と疑心暗鬼になってしまうかもしれませんが、実は多くの場合、あなたが心配するほど相手は平然として繰り返してくれます。

聞き取れない理由の一つとして、話し手である相手(ネイティブスピーカー)に問題がある場合もああります。日本語だって、一つの文章にしては異様に長すぎて、途中で意味が分からなくなることだってありますから。これは堂々と聞き返しましょう。

英語を聞き返すタイミング

何度聞いても分からない時は、基本の「Pardon me.」を繰り返せばいいのですが、もしどうしても「同じことを単純に繰り返すのが恥ずかしい。」「相手を馬鹿にしているように取られたら嫌だ。」と思うのなら、

  • 「what did you say?」
  • 「 What’s that?」
  • 「 Excuse me?」
  • 「I beg your pardon? 」

などと言い換えてみるのも手です。

会話を聞き取る自信のないあなたにとって大切なことは、言い換えることよりも、タイミングよく聞き返しのフレーズを発言することです。相手の言っていることが分からないと思ったら、相手がまだ話している間に「Pardon me.」を言う心の準備をしておきます。

実はこれはものすごく大切なことです。多くの場合はできるだけ最後まで聞いて、更によく考え、推測もして、ぎりぎりまで粘ったうえで、「やっぱりわからない」とギブアップします。

だからさっさと割り切って「Pardon me.」を言う心の準備をしてしまうことが最大のコツです。そうすると、話のテンポを変えることなく、相手が反し終わってすぐに「Pardon me.」が口から出てきます。そうしているうちに結構すぐ慣れてしまいます。

それでも分からなかったら笑ってしまえ

よく英会話の現場では、日本人の笑顔を不気味だと揶揄される事があります。確かに、分かっているのか、分かっていないのか分からない様な笑顔は、悔しいけれど不気味と思われても仕方がないのかもしれません。でもそれは曖昧に笑うから不気味と言われるのであって、心から笑えば何とも思われません。

いざ聞き返す時には、誤解を生まないよう、一つ一つをできるだけゆっくり丁寧に発音し、思いっきり笑顔を見せましょう。「分からない」から笑って済ますのではなくて「分からないから聞き返す」ということが必要です。

関連記事

  1. 【いつでもどこでも】海外で英単語に困ったらこの無料アプリ

  2. 【そうだったんだ!】英語脳と日本語脳の決定的な違い

  3. 【英会話学校行く前に】英語初心者が見るべきYouTubeチャンネル5選…

  4. 【検証】海外は簡単な英会話で通じるって本当?

  5. 【緊張しない】アメリカのスーパーで必要な英会話はこれだけ!

  6. 【英会話フレーズ】海外で服を買う時に声をかけられたら何て言えばいい?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP

英会話コラム

【緊張しない】アメリカのスーパーで必要な英会話はこれだけ!

英会話コラム

【失敗しない】英語で自己紹介はこれだけ覚えたい5つ!

英会話コラム

【知らなかった】アメリカでその和製英語は通じないです!

英会話コラム

【どうしよう】海外赴任妻が英語を話せない!スーパーでどうなった?

英会話コラム

【海外旅行 】入国審査で役に立つ英会話と簡単なテクニック