英会話コラム

【そうなの?】英会話を海外出張で使うときに知らないと損をする話

英語を勉強していたのはいつでしょうか。多くの人は、学生時代に勉強したのが最後と言います。そんな人たちが海外出張を命じられたとき、どうしようと慌ててしまうことも少なくないでしょう。

最低限のことをまず覚える

海外出張を命じられてから、英語を基礎から学びなおすということは現実的ではありません。そもそも、難しい文法や単語を覚えなおす必要はないのです。

まずはホテルや空港などで使用する日常的な英会話は、海外旅行向けのまとめ本があれば何とかなります。

自分で調べなければならないのは、仕事に関するサービスや商品に関する英単語とフレーズです。職種によって重要な英単語やフレーズは異なり、専門用語なども出てくる可能性が高いので、この部分はしっかり自分で調べておきましょう。

上手く話そうとしなくてもいい

なるべくビジネスをスムーズに進めようと、発音やスピードなどを重視して流ちょうに話そうとする人がいます。ところがこういった努力はしなくていいのです。

英会話が上手く出来ないのに、勉強したフレーズで流ちょうに話してしまうと、相手は英会話が出来る相手だと判断してしまいます。

その結果、普段通りのスピードで会話が進み、内容についていけないというリスクが高くなってしまうのです。

ビジネスで大切なのは、英会話力ではなく専門知識です。あまり無理をせず、ゆっくりと会話を進めていくといいでしょう。

恥ずかしがらないことが大事

海外出張の際に、英会話が苦手だとつい小さな声になってしまう人がいます。対等にビジネスを進めていくには、受け身な態度は不利となります。

流ちょうでなくてもいいので、大きな声で話すことを心がけることが大切です。
そして、わからないことは必ず確認をとるようにします。商談の中でわからないことをそのままにしてしまうことは、不利な条件で契約することになる可能性があります。

相手の話すスピードが速すぎるときには、「Excuse me. Could you speak slowly?」とお願いしてみたり、

話の内容が理解できなかったときには、「I don’t understand. Could you say it again?」と聞き直すようにするといいでしょう。

海外出張までに数か月といった時間がある時は、じっくり日常会話を勉強することもおすすめですが、時間がない場合はポイントをおさえて覚えることが重要なのです。

海外出張の時におさえておきたいポイントとは

英会話の苦手な人が海外出張に行く場合、上手く話そうとする必要はありません。

基本的な日常会話と仕事に必要な専門用語をおさえておき、わからないことは恥ずかしがらずに聞き直すよう心がけましょう。

関連記事

  1. 【英語上達の近道】勉強だけでは英語が話せない理由

  2. 【失敗しない】海外で英会話初心者がまずはじめに覚えたいフレーズとは?

  3. 【知らなかった】アメリカでその和製英語は通じないです!

  4. 【知ってた?】英会話学校では教えない英語を聞き返すフレーズ

  5. 【海外旅行 】入国審査で役に立つ英会話と簡単なテクニック

  6. 【切実】海外旅行の英会話はリスニングから学ぶべき3つの理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP

英会話コラム

【緊張しない】アメリカのスーパーで必要な英会話はこれだけ!

英会話コラム

【失敗しない】英語で自己紹介はこれだけ覚えたい5つ!

英会話コラム

【知らなかった】アメリカでその和製英語は通じないです!

英会話コラム

【どうしよう】海外赴任妻が英語を話せない!スーパーでどうなった?

英会話コラム

【海外旅行 】入国審査で役に立つ英会話と簡単なテクニック