英会話コラム

【失敗しない】英語で自己紹介はこれだけ覚えたい5つ!

英語で初めて自己紹介をする時、とても緊張しますよね。友達を家族を紹介された時や、仕事で相手に初めて会った時などなど。英語が苦手なあなたにとってみれば、悩ましい問題でもあります。でも心配ありません。英語の挨拶は意外とシンプルな文章でできています。

1.英語で自己紹介は簡潔に短く言う

「こんにちは」や「はじめまして」の意味です。自己紹介の前にはシンプルに挨拶します。目上だとか年齢だとかに関係なく、いつでもだれにでも使える表現です。
「Hi.」もしくは「Hello.」
「Nice to meet you.」

慣れてきたら「I’m so glad to meet you.」や「Good to see you.」など、使ってみるといいですね。

よく教科書や参考書で「How do you do?」という表現を見かけますが、これを使うネイティブの人と会うことはまずありませんので、シンプルに行きましょう。

2.一番最初に伝える自己紹介

最初の挨拶の後に、相手に一番最初に伝えるのは名前です。

「I am +名前」 私は〇〇です
「My name is +名前」 私の名前は〇〇です

「My name is +名前」(私の名前は〇〇です)というのは、日本人がよく使うフレーズですが、一般的には「I am +名前」を使います。例えば、「I am Ichiro .」「my name is Ichiro .」のように、カジュアルな挨拶には名字は言わずに名前だけで十分です。逆にビジネスの場合は「I am Yamada.」のように名字だけを言います。

3.一番最初に伝える自己紹介

自己紹介の時の出身地の説明については、大まかな情報のみでOKです。簡潔に言いましょう。

「I am from+都道府県+Japan.」 私は〇〇出身です。
「I was born in +都道府県+Japan.」 私は〇〇で生まれました。
「I live in+都道府県+Japan.」   私は日本の〇〇に住んでいます。

例えば「I am from Osaka, japan.」「I was born in Blazil.」となります。相手と同じ都道府県に住んでいる場合は、「I live in 〜市区町村」となります。相手があなたを日本人と知っている場合、Japanは不要ですよ。「Where in〜市区町村、都道府県や国」と、具体的にどこなのか?出身地についてさらにくわしく聞かれることもあります。あせらずにゆっくりと答えてあげましょう。

3.年齢は数字でシンプルに

年齢については、数字でシンプルに表現します。

「I am +年齢+years old.」  私は〇〇歳です。

上のように当てはめると「I am 30 years old.」(私は30歳です)ですが、ネイティブは数字の後の「years old」は付けないのが一般的で、「I am 30.」で通じます。

「あなたは何歳ですか?」と聞かれた場合、相手が目上の人でない場合、数字だけをつたえる方法もあります。
「How old are you?」
–- 「Twenty.」

外国人の女性は年を聞かれることに抵抗がない人が多いので、ズバリ年齢を聞いてくることがあります。けれど日本人の様にたまに気にする人に会うこともあるので、もし年齢の話になったら気をつけて下さい。

4.仕事は何ですか?

自分は何をしているか、という情報は自己紹介でも重要なポイントになります。ここでもシンプルに分かりやすく表現しましょう。

働いている会社名や職種を聞かれたら、
「I work for +会社名」 私は〇〇で働いています。
「I am a + 職種」   私の職業は〇〇です。
「I work as +職種」 私は〇〇として働いています。

働いている場所を聞かれたら、
「I work in +場所」 私は〇〇で働いています。

例えば職種がエンジニアだったら「I am an engineer.」と言います。もし営業やOLなどであれば、職種などを言わず大ざっぱに「会社員です」と言ってもOKです。仕事を持たない主婦なら「housewife」「homemaker」の表現を使います。

5.趣味や好きなことは何ですか?

相手との距離が近づく自己紹介の1つです。ここでしっかりアピールしましょう。

I like+好きなスポーツなど
My hobby is to+行動など
I like to+行動など

例えば「i like baseball.」「I like to travel around the World.」のように使います。「I like to~」のように「好きだ」ということをもっと強調したい場合は、「I love to~」を使います。Loveというと、人や動物に対ての愛だと思いがちですが、モノや趣味にも使われます。

まとめ

英語であいさつをする。これは日本語で自己紹介する時も同様でとても緊張するものです。なおさら英語での自己紹介となると混乱してしまいますね。英語の挨拶って何通りもありそうだし、勉強しないとできないと思っていましたか?実際にネイティブが話している英語を書き出してみると、意外とシンプルな文章でできています。

英語の挨拶は学校で習ってきたので、あとはどのように答えるかだけです。基本の形を覚えて、パズルのようにそこに当てはめていくだけで大丈夫です。外国人に挨拶ができるようになると、英語がもっと楽しくなります。

関連記事

  1. 女性が海外で英会話をするなら基本をちゃんと学ぶべき3つの理由

  2. 【切実】海外旅行の英会話はリスニングから学ぶべき3つの理由

  3. 【英会話の基本】海外で英語を話すなら開き直って堂々と

  4. 【意外!】海外赴任中の妻が英会話で困ったワケとは?

  5. 【必見】海外旅行ですぐに使える英会話の勉強法とは?

  6. 【そうなの?】英会話を海外出張で使うときに知らないと損をする話

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP

英会話コラム

【緊張しない】アメリカのスーパーで必要な英会話はこれだけ!

英会話コラム

【失敗しない】英語で自己紹介はこれだけ覚えたい5つ!

英会話コラム

【知らなかった】アメリカでその和製英語は通じないです!

英会話コラム

【どうしよう】海外赴任妻が英語を話せない!スーパーでどうなった?

英会話コラム

【海外旅行 】入国審査で役に立つ英会話と簡単なテクニック