英会話コラム

海外赴任に行く人が絶対に学んでおきたい英会話の3つのポイントとは?!

海外の情報も入手しやすく、街を歩けばカフェでお茶する外国人も日常茶飯事です。また海外テレビドラマの影響で、海外赴任を目指す女性も多いです。日頃からできる英会話方法をご紹介します。

海外赴任を叶える方法。下積みの英語学習が必須です

できるならば、英会話学校に通うことをおすすめします。それが、海外赴任の近道です。しかしできないのであれば、ご自身で「英会話学校に通う」環境を作ります。お時間がない人には、オンライン英会話もあります。

また、ラジオやテレビの英会話講座を利用する手も使えます。リアルタイムで番組を見られないなら、「録画/録音する」方法もあります。録画/録音した内容を、移動中常に聞けばどこでもお勉強できます。

その内容を書き写せば目からもお勉強できるので、実力はぐんとつきやすいです。そして人に迷惑にならないよう口に出してシャドーイングすれば、単語が覚えやすくなります。これは通訳者を目指す人のお勉強方法でもあるので、効果抜群です。本屋さんで英語のレベルに応じた「英語の教材本」を買って、1日1ページ読むことを習慣にします。

その他、通信講座を申し込めば自分の英語を添削してもらえます。他人に見てもらえることで自分の弱点もわかりやすく、どのようにお勉強を進めればいいのか目処もつきます。

英語漬けの頭に切り替える訓練方法

海外赴任生活では目に映るすべてが「英語」です。当たり前ですが、英会話ができないと生活は楽ではありません。どうしてもお勉強できる環境になります。しかし、ここは日本です。日本語の生活に慣れている頭を「英語漬け」にすることが必要です。

まずは、「毎日英語で日記をつける」習慣を続けます。日本語で意思疎通できた簡単な内容も、いざ英語でとなると口から出てきません。頭が固まります。頭を柔らかくしつつ、日頃から英語で意思を伝える訓練にもなります。

覚えたいフレーズや忘れやすい単語を紙に書きます。それを洗面室や自分のお部屋の壁に貼ります。歯を磨きながら、お掃除をしながらいつもその紙を見るようにします。家族の協力がないとできませんが、いつも目につく場所にあるので自然と単語やフレーズなどを覚えることができます。

海外へ行く予定があると想像し、英会話をより深く学ぶ方法

「海外赴任の予定」があると、自分で想像します。そうすると、自ずと渡航に必要な情報が出てきます。そして、調べていくうちに「海外へ行くためには何が必要か」を基本に行動を開始します。

たとえば、英国留学や移住にはIELTS、米国ではTOEICが必要だとわかります。これも自分が疑問に思い、調べないとわからない情報です。また、海外赴任に必要なレベルに焦点を合わせお勉強していけば、英会話のレベルもさらに上達します。

「何気ない日常生活を英会話一色に。海外生活を常に想定する」こと。

中学生レベルの英会話でも海外生活は成り立ちます。ただ、海外赴任となると話は別です。しかし、子育てを終えた還暦の女性も留学しています。その夢を諦めないで、日々お勉強に励めば海外生活も必ずできるはずです。

関連記事

  1. 【切実】海外旅行の英会話はリスニングから学ぶべき3つの理由

  2. 【意味が分からなくてもOK】英語を読むためのオススメ勉強法

  3. 【どうしよう】海外赴任妻が英語を話せない!スーパーでどうなった?

  4. 【知りたい!】海外でスムーズに英会話をする時の3つのコツとは?

  5. 【英会話の基本】海外で英語を話すなら開き直って堂々と

  6. 【海外旅行 】入国審査で役に立つ英会話と簡単なテクニック

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP

英会話コラム

【緊張しない】アメリカのスーパーで必要な英会話はこれだけ!

英会話コラム

【失敗しない】英語で自己紹介はこれだけ覚えたい5つ!

英会話コラム

【知らなかった】アメリカでその和製英語は通じないです!

英会話コラム

【どうしよう】海外赴任妻が英語を話せない!スーパーでどうなった?

英会話コラム

【海外旅行 】入国審査で役に立つ英会話と簡単なテクニック