英会話コラム

【緊張しない】アメリカのスーパーで必要な英会話はこれだけ!

アメリカで生活をしていくうえで、生活に密着し最も身近なものがスーパーマーケットです。そして英語が話せない方が最も緊張するのがスーパーのレジですね。「モノを買い物かごに入れてレジでお金を払うだけ」ではすまないから困ったものです。日本では「いらしゃいませ」の後、それに対して答えは求めることはありません。ですがアメリカは違います。

アメリカのスーパーで使う英語は難しい?

アメリカの店員さんは基本フレンドリーなので、気軽に話しかけてきます。話しかけるという表現は正しくないのでしょうか、日本でいう「いらっしゃいませ」が「こんにちは。お元気ですか?」と同じ意味合いで使われています。

私はスーパーの挨拶は一通りの流れは覚えたものの、今でもレジに行くと緊張します。スタッフによってはフレンドリー過ぎて、知らない言葉や変割球を投げられることもしばしばあります。そういう時に限って、準備していたフレーズが出てこないのです。さらに早口で言わると頭の中が真っ白になります。

何を言っているのか分からないけれど、無視はいけないので何か返事を返さないと失礼ですから、簡潔に受け答えできるよう準備しておきたいものです。レジで言われることや聞かれることが分かっていればスムーズにいきますね。

レジに行った時に使う英語

日本で言う「いらっしゃいませ」は英語で「May I help you?」ですが、スーパーでは使われていません。レジに言ったらまず

How are you? How are you today? 「元気?」「今日の調子はどう?」と聞かれます。
ーーI’m good . または Thank you.  「元気です。ありがとう」と簡単に答えればOKです。

店員さんは特にあなたと会話をしたいのではないので、ここはサラッと受け答えましょう。日本でいう「いらしゃいませ」みたいなものです。この挨拶は、スーパーだけではなく、近所の人から友達まで頻繁に使います。

アルコールを買う時に使う英語

アメリカでアルコール類を買うときは、必ずIDを見せるように要求されます。未成年ではない事を確認するためですね。
Do you have an ID?

と言われたら、IDカードもしくはパスポートを見せます。特に何かを話さなくても大丈夫です。よく言われていることですが、日本人は30代や40代でも学生だと思われることが多いです。顔を見て判断はできないのでIDで確認します。

レジの前に使う英語

日本と同じように、お店のメンバーズカードやポイントカードを持っているか聞かれることがあります。

Do you have a member’s card? または、Do you have a discount card?   「メンバーズカードを持っていますか?」と聞かれたら
–Yes. もしくはNo. と答えます。

No.と答えると、Shall I make a point card for you? または、Would you like to make a point card?「ポイントカードをつくりましょうか?」と聞かれることがあるので、必要なければ
–No.Thank you.と言いましょう。

カードを作ればお得なのは分かっているものの、英語が聞き取れないと手続きだけでパニックになります。名前や住所だけならまだしも、どこに何を書いていいのか分からないし、不備があって何かつっこまれたら面倒ですね。

レジの後に使う英語

アメリカでは、セルフレジ以外は店員さんがスキャンから袋詰めまですべてやってくれます。スキャンが終わると

Is that all? 「これで全部ですか?」と確認されます。
–Yes.  究極に簡単な答えですが、これで十分です。

次に、Credit or Debit? 「クレジットですか?デビットカードですか?」と聞かれますが、無理にに受け答える必要はないです。カードを出してサインをすればOKです。

アメリカはカード社会ですので、現金を出すことはあまりまりません。日本では遠慮してしまうような、2ドルでも3ドルという少額でも平気でカードを使います。私は最初は抵抗があって「カード会社に払う手数料のほうが高いんじゃ?」といらぬ心配をしていました。

支払いの後に使う英語

支払いが終わっるとよく聞かれるのは、Would you like your receipt with you or in the bag?「レシートは袋の中に入れていいですか?」です。—Yes,please.   入れてほしい時は「はい」、
手渡しで欲しい時は–I’ll take it. 「私にください」と言えばもらえます。

そして必ず最後に
Thnak you. have agood day! 「よい1日を!」と声をかけてくれます。
–Thank you. と笑顔で答えれたら完璧です。

まとめ

私は渡米当初、1人でスーパーに行く時、定員さんに話しかけられるのが恐怖で仕方がありませんでした。レジを待っている間、ソワソワドキドキしていました(笑) 前のお客さんが親しげに話しかけられているところを見ると、さらに緊張していました。

ですが、何を聞かれるか分かっていれば何となく進んでいきますし、仮に聞き取れないことがあっても突っ込んで聞いてくることはありません。挨拶をされたら受け答えて、何か聞かれたら「はい」か「いいえ」、これだけでも十分伝わります。定員さんは会話を広げようとは考えていません。

そして最後に笑顔で挨拶!これで今日から買い物が楽しくなることでしょう。

関連記事

  1. 【知りたい!】海外でスムーズに英会話をする時の3つのコツとは?

  2. 【教えて!】英会話を海外旅行中に楽しむための勉強法のコツ3選

  3. 【必見】海外旅行ですぐに使える英会話の勉強法とは?

  4. 【知ってた?】英会話学校では教えない英語を聞き返すフレーズ

  5. 【どうしよう】海外赴任妻が英語を話せない!スーパーでどうなった?

  6. 【検証】海外は簡単な英会話で通じるって本当?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP

英会話コラム

【緊張しない】アメリカのスーパーで必要な英会話はこれだけ!

英会話コラム

【失敗しない】英語で自己紹介はこれだけ覚えたい5つ!

英会話コラム

【知らなかった】アメリカでその和製英語は通じないです!

英会話コラム

【どうしよう】海外赴任妻が英語を話せない!スーパーでどうなった?

英会話コラム

【海外旅行 】入国審査で役に立つ英会話と簡単なテクニック